FC2ブログ

    2013'02.08 (Fri)

    母を引き取る理由。。。

     『人は感情から老化する』

       
       高齢になればなるほど、
       母の態度・言動がちょっと変わったなァと感じることが多々あります。

       頭はしっかり、お口も達者になった母は、
       以前なら絶対話題にしなかった話しをしたり、
       頑固になったり、
       ズバズバと物を言ったり、
       まァ 色々と変化は見えてきました・・・。

       この症状、老化の現象なんですよ、  
       以前主人の母が脳梗塞で倒れた時に、前頭葉は感情を司ることを知りました。


           以下を抜粋します  

        感情のコントロールや切り替えができなくなり、
        自発性や意欲が減退していく「感情の老化」。
        これこそがすべての老化の元凶である。
        
        人間の老化は、「知力」「体力」より、まず「感情」から始まる。
        記憶力の衰えを気にする人は多いが、知能・知性は高齢になっても
        さほど衰えないことがわかっているし、
        正常歩行能力なども思っている以上に、維持される。

        それよりも問題なのが、怒り出したらずっと怒っているといった、
        感情のコントロールや切り替えができなくなり、
        自発性や意欲が減退していく「感情の老化」だ。
      
        脳の中でも、記憶を司る「海馬」などよりも、
        人間的な感情を司る「前頭葉」から、真っ先に縮み始めることがわかっている。
        
     


      一緒に暮らしている姉は、こうした母の老化の現象に正面から向き合ってしまって
      イラっと来ることが多く母に辛く当り、嘆いて私にメールをよこす。

      いくら説明しても、その時は「分かった」と言うのだけれど、
      姉も前頭葉の老化が始まって感情をコントロールできないのかも・・・。ヤバイよ~
      「お母さんも大人しく、何でもハイハイと言っていればかわいいのに。。。」
       と姉はぼやく。

      年を取ると言うことはそういうことで、いずれ自分も同じ道をたどるんだろうに・・・。
      老化現象なんだからあまり邪険にしないでと思う。

      昔は子供に優しく、温かくて日本の典型的な「お母さん」だったけど、
      先日も病院のベッドでああしてくれ、こうしてくれの要求攻め
      ただのわがままと言えばそれで終わる
      看護師さんや私は上手く聞き流すけど、真面目な姉は強い口調で叱る

      だから母は姉が嫌い、姉は母にイラつく
      育ててくれた母親への感謝なんて何処へ。。。
      実の娘でも感情がぶつかり合い、目を吊り上げる
      
      これからも母の不作法な態度や言動は加速するかも。。。
      それらを全てを受け入れられなければ介護は辛いものになる。
      
      全てを受け入れられることが出来るのは、感謝の気持ち次第だと思う。
      親でも、他人でも、
      この人にすごく良くしてもらったとか、助けてもらったとか、
      ただ単純にその人が好きか、大事に思っているかどうかでしょ。 
      本当の親子でもその気持ちが無ければ優しい心のこもった介護は難しい。

      姉は、無表情になって会話も出来なくなった旦那様の介護は明るく
      笑顔で甲斐甲斐しくしています。
      「だって優しくて大事にしてくれたから、恩を返したいの」

      じゃ育ててくれた母のことは、わがままな態度が気に障る云々。。。 
      実の娘でもこうなんだから
      老人介護は半端なく大変なんです。  

      でも「この人、脳が老化してるんだ」と思えば気に障ることも減るかも・・・。







       
      
          
    スポンサーサイト



    05:00  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

    Comment

    うちの祖母も91歳
    先日2年ぶりに帰省して会ってきました、夫は5年ぶり
    み~~~んなに「アランミリヤのことわからないかも。夫君のことは存在自体怪しい」と言われて覚悟してたのに
    夫の名前まですっと出てきてみんなびっくり。
    帰りには「遠くから(東京から京都へ)来て大変だったでしょ」とお小遣いまで出そうとしてくれて、皆がショックを受けてました
    叔父は30年ほど藤沢にいますが、伯父の住んでる場所は覚えてないんですって

    頻繁に会ってる弟一家(祖母の孫)、伯父夫婦の時は呆けちゃってて、義妹は全く分からず、叔母の名前も忘れてるらしいんです
    ひ孫に至っては何かもわからない
    普段は敷地内同居してる母が全面的に世話してますが、伯父夫婦が何か手を出そうとすると
    「あんたらが来たから、節子(母)が来てくれなくなった」と怒ったりして。
    なのに、私には寒いだろうと動かない手で毛布かけようとしてくれたりして。
    美味しいどこ取り過ぎて、皆に文句言われっぱなしでした^^


    初孫なんです、私
    たぶん、その思いのままで来ちゃったのかなーと。

    叔父は長男だからって、優遇されてるのをよく見かけていたので、私と母は余計にびっくり
    親子にも相性があるから、もしかしたらそれは祖母自身の素直な思いからではなかったのかも
    元気な時の、相手に対する思いの違いが如実に表れてるんじゃないか、と思ったりした帰省でした

    その相手と対峙するのは、元気な側が大変ですよね
    イリナ&モアナママさんにお疲れが出ませんように
    お忙しくなると思いますが、にゃん&わん話も楽しみにしています

    アランミリヤ | 2013年02月08日(金) 13:17 | URL | コメント編集

    アランミリアさんへ

    こんにちは~

    91歳では母と同級ですね^^
    お元気そうで何よりです。
    戦後の大変な時代を生き抜いてきた強い女性の一人ですね。
    姉はその大変な時期に生まれ、父は戦場、母一人で育てなければならなかったことを思うと、どれほど心細く辛かっただろうと思います。

    子に与える愛情は無償・・・
    立派に育てたからと、恩着せがましくするものでもなく、
    見返りを求めるものでもなく、
    ましてや、老後の面倒を見てねなんて口が裂けても言いたくない・・・。
    でもいつか何も分からなくなったら、そんなことは言っていられないと息子たちに言われましたけど。^^









    イリマ&モアナママ | 2013年02月08日(金) 14:00 | URL | コメント編集

    こんにちは♪

    なるほど 感情の老化・・・
    うちの義母もまったくその通りです
    ホントに昔はとってもいいお姑さんだったのです
    う~ん 分かっていても難しい問題ですね
    うん?私も始まってるのってことか。。。
    なんて思う前に 感謝の気持ちもう一度みなおしてみます
    教えていただいてありがとうございます
    sheep☆ | 2013年02月08日(金) 14:08 | URL | コメント編集

    sheep さんへ

    こんにちは~


    面白いでしょ?「感情の老化」
    分かっていても、本当に難しい問題ですよ。

    今日の母の状態は、三食ぺろりと食べ、オムツを外しポータブルトイレの利用に変わったとか。
    また復活しそうですよ、お口の方も衰えていないようです^^。

    言わなきゃいいことを言うし、
    完全に感情の老化ですわ^^

    この老化、どこまで進むのやら。。。
    期待していて下さい^^

    イリマ&モアナママ | 2013年02月08日(金) 14:26 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲TOP

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://yasagure1214.blog136.fc2.com/tb.php/892-ef64ef6d

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック

    ▲TOP

     | HOME |