FC2ブログ

    2012'01.26 (Thu)

    紐を飲み込んじゃった!

    今日は猫だよりだニャン


       この子は大花(大ちゃん)

      何やら ズルズルと口の中に紐のような物が入っていくのを見つけ 御用! 

      猫の舌は特有で 何でも奥へ奥へと入って行くらしい  

      飲みかかっていた先をつまみ、引っ張り出したら10cm程の毛糸でした  


    1a1949_20120125201146.jpg


     こんなの飲んじゃったら ケコッケコッって吐きまくります 

     大ちゃん 取れてよかったね いい子だったよ ヨシヨシ 


    1a1948_20120125201146.jpg


        大ちゃん、 なんかこんな猫が他にいたねェ・・・
      
           なんだっけ?????

           ス?   スコ? 
     
           スコティッシュ・フォールド !!!  




            純血腫のスコティッシュ・フォールド

         1a1961.jpg
           (可愛)ぶっさいくやね~  褒め言葉が見つかりまへん・・・



    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       
       今日は小田原お散歩会です
       寒いけど 元気出して 行ってきま~~~す






    スポンサーサイト



    05:00  |   |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  ↑Top

    Comment

    うわ~~っ ><

    みーこのウンチまみれ紐のあとに、大ちゃんお口から紐垂れ事件でしたか!

    うまい具合に、上や下から出てくれるといいけど、これが腸につまると怖いんでしょう ;;

    なんて、あまり神経質になりすぎないようにしなくっちゃって、先日のみ―このウンチまみれ紐事件の時に思いました。
    飲み込まれないように重々気をつける。
    だけど、ピリピリしないですよね。

    猫の舌のザラザラの理由。
    そういう事だたんだーーでした。
    なるほど。
    だから、骨についたお魚のみも綺麗に舌で舐めとれるんですね。
    ごうとみーこのお母ちゃん | 2012年01月28日(土) 12:38 | URL | コメント編集

    こんばんは~

    そういうことだったんですよ~^^
    猫の吐き方って特有ですよね ケロケロって。

    うちのトラ猫のクーは、仔猫の頃、雄猫に襲われて、内臓がはみ出ていることろを保護したのね。
    その時、数か所も腸が食いちぎられて重症を負ったのですが、夜中に病院で手術して一命は助かりました。

    だから腸が細く弱くなっています、
    それなのに去年、スーパーでお肉を買うと白のトレーにお肉と、その下に敷いてある水分吸収用のビニールってあるじゃないですか、そのビニール全部を飲み込み大変な事態になったことがあったのですよ。

    吐いて吐きまくり、食欲もなくなり、げっそり痩せ、食べていないのにひたすら吐く。
    病院でレントゲンを撮った影は映っていましたが、中々動かなくて心配しました。
    クーの命を救ってくれた先生なので、腸が細いことを心配して後一日ウンチと一緒に出て来なかったらお腹を切開する予定でした。
    翌朝、少ないウンチに混ざって折りたたまれたビニールが出たから助かった!

    丸4日間の苦戦でした、見るからに辛そうで・・・
    しかし、出るものが出たら、ケロッとして食欲も戻りましたが^^。

    猫ってなんでも一旦口に入れた物は飲み込んでしまうから要注意ですよね。
    テレビで視ましたが、猫の舌のトゲトゲが喉の方に向かっているので、ズルズルと引きずり込まれるそうです。

    イリマ&モアナママ | 2012年01月28日(土) 20:45 | URL | コメント編集

    ごうとみーこのお母ちゃんさんへ

    上のコメントにお名前が「ご」に・・・・

    ごめんなさい、打ち損じました(>_<)

    それに、こんなに時間も経ってるのに…(ー_ー)!!
    イリマ&モアナママ | 2012年01月29日(日) 16:16 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲TOP

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://yasagure1214.blog136.fc2.com/tb.php/556-f1f56da1

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック

    ▲TOP

     | HOME |