FC2ブログ

    2011'10.13 (Thu)

    小田原散トレ~モアナの再挑戦

    昨日の続きです


    まずは、イリマ
    小田原城内お散歩の帰りルートは歩きました。
    ちょっと休憩中 

    2b85.jpg


    そして モアナ
    以前は大型犬や初見のワンコちゃんがいるだけで吠え通しだったのに、
    その場でもこうして「フセ」をしていられることが出来るようになりました。
                        (出来ない時もあるでしょう)
    これは、お散歩トレーニングで自ら得た学習なのです。
    ここでは他犬への安心感、人への安心感を強制なく自発的に学べるんです。
    そしてそこにはプロのトレーナーさんがいて適格なアドバイスをしてくれる、
    今回のように大型犬との接近もトレーナーさんの存在なしではできません。
    私がよく「お散歩トレーニングは命」と言うのはそこにもあります。

    隣で超くつろいでいるのは市ちゃんです^^。
    モアナもいずれこの「ごろ寝」が出来るようになると思ってます。

    2b71.jpg


    さてさて、

       シェパードのテル君に上手に挨拶が出来たでしょうか。
       モアナの表情が見られなかったのが残念でしたが・・・。

        この教本を参考にしながらモアナの行動を読んでみました。

          2b90.jpg
        あくまでも素人の読みなので間違っていることも多々あります。      


    私が参考にしたのは、「理由なき反抗、思春期の犬1」P.113
    (記事の中では文章を青字で抜粋したり、引用している箇所もあります。)
     
    他の犬を見ると吠えて吠えてしょうがない犬というのがいます。
    思春期を迎え、心身ともに大きな変化を遂げつつあります。 
    オスとして成長すべく大胆な自分がいると同時に、仔犬時代同様の怖がりな自分がいる。
    だから他の犬に出会った時、どう自分を対処したらいいのかわからなくなる。
    タフ振るべきなのか、それとももう少し可愛げのあるところを見せるべきなのか。
    その内なる葛藤がストレスとなり、ついには攻撃的な行動に出てしまったわけです。
     


    モアナ 1歳9ヶ月 
      
    思春期真っ盛りの時にバラバラになった脳の回路がまだ完全に修復されていない為、
    気丈さや安定感を備えるほど精神が成長しきっていない。            
    この日は集合場所方向のテル君が視界に入るなりすぐ吠えたが、
    前回の初見の時に比べると吠えは軽減されていた思う。

       
    下の画像は会ってから30分以上経過していて、けたたましい吠えはなかった。
    集合後しばらくして、テル君の周りを距離を開け大きく円を描いて歩いた。
     
    これは、他の犬と出会っても大人しくすれ違うことが出来ない「出会い問題」を
    持つ犬への訓練のひとつである。 
    他の犬の周りを歩かせることによって他の犬の存在に慣らし、
    気持ちを落ち着かせ、実は何でもないことなんだということを学習させる。


    テル君 7歳 寛容力のあるとても落ち着いたワンコさん

    社会化訓練を受けていない犬には、その犬のわけのわからない言葉づかいを
    「見ても」いちいち反応せずに、そのままやり過ごしてくれる犬との交流が必要です。
    相手の平和的な反応を見て安心することが、他の犬への「怖がり」を克服する方法
    となるでしょう。



    2b73_20111012115734.jpg
    モアナのリードは張っていません。
    緩めてもおいてもテル君に突進せず、そばで吠えるものの、間合いを保っていた。
    耳はピンと立たせ、耳間は狭く、後足は開いています。
    いつでも逃げ出せるような体制で、どう対処したら良いのか迷っているよう。
    ただ、ストレスによって完全に遮断されていて、
    回りの状況が見えていないのとは違うと思う。(相手が若いと吠え合う)
    「テル君をもっと知りたいんだよ」 by モアナ


    2b75.jpg
    不安を示す通り、耳が緊張を表し、後ろ足が突っ張って力が入ってます。
    テル君はモアナの会話の下手さに「どうしたいの?」と聞いてるよう。


    2b76.jpg
    テル君はずっとモアナを観察中。
    モアナの複雑なボディランゲージに困惑させちゃったね ごめんね
    モアナがバランス良く立ち、耳も寝かされ、耳間も広がってます。
    頭を低くし、マズルが上がっていますね。
    これが服従、友好の真似事なら進歩ですが・・・。
    お互いに攻撃的な態度はないと分かっているようですが。


    2b77.jpg
    テル君の耳間は広がり、口角は長く引き伸ばされている。
    自分がどんなに友好的で無害であるかを示しているのだと思う。
    モアナも表情が見えないけれど、落ち着いている感じ。
    正面を向き合っているのに、後ろ足も引いていない。


    2b78.jpg
    テル君は「さぁ、来てごらん」と言いたそうに横を向いた。
    横を向いてくれたおかげで、ちょっと勇気が・・・。


    2b79.jpg
    もっと距離を縮めようと近寄る緊張で少し耳がピンと立ってる。
    でも後ろ足は力を入れず立ち、「いつでも逃げ出せる体制」はもう取っていない。


    2b80.jpg
    テル君のゆったりとした歩みがモアナの警戒心を緩める。
    お尻を向けてくれて、更に緊張が解ける。
    モアナはバランス良く立ち、耳間は広がり、口角は引き伸ばされ上がっている。


    2b81.jpg
    少し余裕が出たのかな・・・
    「ちょっとちょっと!ねェ、臭いも嗅ぎたいなぁ・・・」 by モアナ
    次回は、お尻の臭いを嗅がせてね

         テル君、本当にありがとう!


    反省・・・、私、飼い主力は0点でした。
    モアナの心情を察しながらも、モアナのやっていることを見つめるだけで、
    何の心のサポートにもなっていなかった。
    モアナがテル君に対して吠えるのを止めた時、褒めたり、ご褒美をあげるべきだったとある。

    時に、飼い主は「これから彼はどう振る舞うのかしら?」と愛犬の様子をうかがうことに、すっかり気持ちを取られて、褒めるタイミングを逃していることが多々ある。
    うかがっている間に、犬は「良き行い」は過ぎ去っているものだ。
    過ぎ去った後に褒美をもらっても、それが静かにしていたがための報酬であることを
    犬は理解できない。  タイミングが大切!


    タイミングを逃さないって私達素人には難しいです。

    犬の言葉を学ぶにあたって一番大事なことは、たった1秒間ですら、
    刻々と変わっているボディランゲージの変化を見逃さない観察眼をもつこと。
    観察している事像こそ、唯一の事実です。
     






    スポンサーサイト



    05:00  |  お散歩トレーニング  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  ↑Top

    Comment

    NO TITLE

    テルママのT妻です。

    こちらこそありがとうございました~。^^

    テルはおおむね落ち着いていますが、それでも吠える相手はいるんですよ。

    でも、モアナちゃんに対しては初対面の時から対抗する気がない感じで一切反応しなかったんですよね。
    だからモアナちゃんのテルへの吠えは攻撃ではなく、「何でそんなに大きいんだよ。匂い嗅ぎづらいじゃん。」って文句を言ってる感じなのかな~なんて思いました。(笑)

    また、散トレ参加しようと思ってますので、その時はまたよろしくお願いしま~す。
    T妻 | 2011年10月13日(木) 11:47 | URL | コメント編集

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
     | 2011年10月13日(木) 11:52 |  | コメント編集

    T妻  様へ



    こんにちは~

    本当にテル君には感謝です、ありがとうございますm(__)m
    今日もチャーリーママさんからメールの返信をいただき、モアナにとってはテル君のような存在はありがたいことだし、胸を借りて挑戦できし・・・、でもその際には飼主さんに了承を得て行って下さいとのアドバイスいおただきました。

    モアナももっと成長して上手に会話ができるようになれればと思います。
    またよろしくお願いします。
    テル君とモアナの間に座っていたパパさんの二人を見守る姿があたたかく感じ、
    両方が安心していられる空間がそこにありました。

    よろしく仰って下さいね。

    写真ありがとうございます、うれしい!







    > テルママのT妻です。
    >
    > こちらこそありがとうございました~。^^
    >
    > テルはおおむね落ち着いていますが、それでも吠える相手はいるんですよ。
    >
    > でも、モアナちゃんに対しては初対面の時から対抗する気がない感じで一切反応しなかったんですよね。
    > だからモアナちゃんのテルへの吠えは攻撃ではなく、「何でそんなに大きいんだよ。匂い嗅ぎづらいじゃん。」って文句を言ってる感じなのかな~なんて思いました。(笑)
    >
    > また、散トレ参加しようと思ってますので、その時はまたよろしくお願いしま~す。
    イリマ&モアナママ | 2011年10月13日(木) 15:07 | URL | コメント編集

    こんばんは!

    昨日はloveちゃんの事書いてくださりありがとうございました!
    モアナちゃん、勇敢だし、天真爛漫で可愛いですね!
    それと、モアナママさんの愛情と熱心さに敬服致します。
    私はワンコと生活するの初めてで
    何もわからずに2年も過ごしてしまいました。
    モアナママさんに習って今から勉強始めたいと思います。
    お散歩トレーニングにもまた参加させて頂きたいと思っています。
    どうぞ宜しくお願い致します。
    mikekomi | 2011年10月13日(木) 18:29 | URL | コメント編集

    mikekomi 様へ

    こんばんは~

    えっ! 又会えるの? 楽しみです^^。
    LOVEちゃんに又会えるなんてうれしいですよ~
    穏やかな表情が忘れられません、幸せに暮らしていると変わるのね・・・。

    愛情はかけても、かけ過ぎることはないですもん。
    それと、ブログにお邪魔しました^^、な~んか素敵雰囲気がありましたねェ。
    美男美女のご夫婦まで拝見しましたよ、とても素敵でした^^。
    またお邪魔しますので、こちらにも遊びに来てくださいね。

    では、次回を楽しみにしていま~~す
    イリマ&モアナママ | 2011年10月13日(木) 21:05 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲TOP

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://yasagure1214.blog136.fc2.com/tb.php/447-7fa7db69

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック

    ▲TOP

     | HOME |