FC2ブログ

    2018'04.22 (Sun)

    湯河原町TNR活動 2018/4月

    今月は、この子でメス2匹目

    今月までは、どうぶつ基金からの不妊手術無料チケットの配布がないので実費
    今は、急ぎで手術の必要なメスのみを捕獲しています。

    5月からは、尚も忙しく活動していきますよ〜
    って言うか
    この地域は、もう、未手術の子も減って、後は捕獲依頼であっちこっちへと。。。



    16日夕方に捕獲し、翌日手術
    横にせり出したお腹は、すでに出産準備中
    先生曰く、今週にも出産予定とのことでした。



    この子も去年夏頃から、捕獲を試みても捕獲器には入りませんでした。

    とうとう

    5匹の子を身ごもり
    朝から食事を抜いたあげく
    夕方の空腹に耐えられず、
    餌やりさんが用意したスペシャルなご飯(サンマ焼き)にそそられて、
    やっと捕獲出来ました。

    やれやれ

    まだ この餌場には、未手術のメスが2匹だけ残っている
    本当に警戒心が強く
    最後の最後まで手こずらせます。
    お腹の膨らみ状態では、来月早々が出産予定かと

    餌場に来る子は、2箇所で判っているだけで30匹以上
    今週も、全員朝ご飯抜きに付き合ってもらっての捕獲作業開始

    設置した捕獲器のご飯が食べたくて、手術済みの子達がうろうろ邪魔をする
    邪魔をするのは、猫達だけではなく、
    タヌキやアナグマまでやって来ては、猫達が逃げ散る有様。。。

    捕獲作業は、根気の一言
    手術済みの子達が多い中、
    ピンポイントで未手術の子を捕獲しなければならない。

    じっと
    身を潜めて その子がやって来るのを待ち、
    尚も
    その子が捕獲器に入るのを待つ

    警戒心の強さと
    根気の強さの勝負。。。

    16日も、夕方5時から 夜8時半まで粘って 1匹のみ
    1匹でも、狙った子が捕獲出来たのだから
    餌やりさんと私は、良かったと安堵した。


    出産近い子の手術の傷は、普通より大きい
    リリースしても中々餌場に来ない子も多い
    じっと傷の痛みや、捕獲のストレスと闘っているのかも

    でも
    大丈夫、絶対また来るから



    そして、また懺悔
    授かった命を葬らなければならない
    産まれてくるには、あまりにも過酷な世の中だから…



    なんて残酷なことをしているのだろうか…





    スポンサーサイト



    00:52  |  TNR活動  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

    Comment

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲TOP

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://yasagure1214.blog136.fc2.com/tb.php/1919-ddc699b4

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック

    ▲TOP

     | HOME |