FC2ブログ

    2015'11.27 (Fri)

    マナちゃんの初公判

    昨日は初公判

    被告の代理人・弁護士は欠席
    反論 答弁書が提出されていました。

    その中には、マナちゃんが飼い猫ではないと判断されていること。
    裁判長からは、野良猫か飼い猫かの立証が必要と指摘され、
    次回公判 1月7日に、飼い猫であったことを立証して認めさせます。

    被告側は、マナちゃんは野良猫だと反論しています。

    一部の住民が継続的に餌やりをの世話をしている猫で、
    地域住民に認知がなされていないため、
    地域住民から嫌われてしまう。
    また、世話をしている人には、所有占有の意思がなく、
    飼い主に準ずる責任意識が希薄な傾向にある。

    このように云々とあります。


    何をアホなことを言っているのかと
    野良猫の母親から生まれ、子猫の頃から皆に可愛がられ、
    名前まで付けてもらい、外で暮らしていた2年後に
    我が家の飼い猫になりました。

    外の方が自由気ままで好きだったから 出入り自由猫
    ノミ取りも付けて、一応快適に過ごしてきた子が野良猫ですか?

    まぁまぁ、反論はたっぷり書かせてもらいます。









    スポンサーサイト



    10:08  |  マナちゃん裁判  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

    Comment

    野良だろうが飼い猫だろうが
    出入り自由な飼い猫だろうが
    出入り自由な野良猫だろうが 同じ命なんですがねぇ・・・

    外で寝ていたら野良だと決めつけはおかしいし、
    まずは自分家の犬がしたことを反省し謝罪すべき!
    その後の話ですよねぇ・・・
    何か同じ犬飼いとして恥ずかしいです。
    情けないです。
    順 | 2015年11月27日(金) 12:52 | URL | コメント編集

    順さんへ

    全くその通りです。

    先ずは、反省と謝罪と2度に渡って脱走犬を保護したお礼が先でしょう?
    その全てが何もされてません。

    だから闘うことにしました。
    判決はまだ先になりますが、勝ち取った慰謝料の全てを
    野良猫ボランティア「おだわらねこ」に寄付します。
    マナちゃんの死が少しでも、他の猫のためになるのであれば私達の
    気持ちも救われますから。

    イリマ&モアナママ | 2015年11月27日(金) 21:57 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲TOP

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://yasagure1214.blog136.fc2.com/tb.php/1513-8d3dcf48

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック

    ▲TOP

     | HOME |