FC2ブログ

    2015'10.29 (Thu)

    マナちゃん事件 訴訟提起

    9月7日 可愛がっていたマナちゃんが、脱走した猟犬に噛み殺された事件

    無駄死にはさせない

    内容証明

    内容証明は9月15日に猟犬飼い主は受理しています。
    無視を続けるようであれば,法的手続き(調停や裁判)を取ることに決めていました。

    内容証明を送る前、「お互い弁護士を立てて話し合いましょう」と、言ったのは飼い主(被告人)

    「弁護士」と言えば、こちらがひるむとでも思ったのでしょうか。。。
    ご近所、散歩仲間からも常識がないと悪評の人ですから。
    いざ、こちらが弁護士を立て内容証明を送っても、何の回答もなし。

    10月20日 訴訟提起
    10月23日 事件が受理され、裁判の第1回期日 11月26日 AM11時
    ーーーーー小田原簡易裁判所 事件番号 平成27年(ハ)第410号

    10月27日 弁護士宛に被告人から回答書が届く
    ーーーーー裁判所からの出廷命令に慌てたように送られてきた回答書

    20151029115329119.jpg



    今までの回答の無視、遅滞に対して遺憾とし裁判は続行としました。
    この回答の中のどこに、無残な死に方をしたマナちゃんへの悔やみの言葉が
    ありますか?

    慰謝料、金銭の問題ではないのですよ、
    あの時、翌日でもいいからマナちゃんに悔やみの言葉をかけて欲しかった。
    無残な死に無念を感じて欲しかっただけ。

    翌日も、翌日も電話で言う言葉は「猫は物だから」…
    さも、野良猫だったマナちゃんには何の価値もないと言わんばかり。

    私達は何がなんでも法廷に引っ張り出そうと決めました。
    マナちゃんの無念を晴らしたいと、
    子猫の頃から過酷に生き、6年間頑張って生き抜いてきた証を残そうと…。


    判決が、請求した慰謝料の金額に満たないことぐらい承知、
    この裁判が大赤字になることを承知で訴訟提起しました。

    被告人がどんな顔をして出廷してくるか、
    いや、出廷してこないかも。。。


    マナちゃん、絶対、無念を晴らすからね


    スポンサーサイト



    11:53  |  マナちゃん裁判  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

    Comment

    生まれてすぐであろうと 数年たっていようと関係ないですよね。
    こんな考えをもっている人は、犬を飼う資格はないです。
    猫は物???? 猫も犬も家族でございます。
    時には人間よりも寄り添い 無償の愛を降り注いでくれます。

    まなちゃんがどんな恐怖の中にいたのか この人に同じような事を体験させたいですね。

    たとえばライオンやトラと同じ檻にいれるとか。。
    そうすれば少しはわかるでしょう。

    まなちゃんどうかママを見守ってあげてね。
    sara | 2015年10月29日(木) 21:53 | URL | コメント編集

    saraさんへ

    おはようございます。

    励ましエールをありがとう、ファイトがでます!

    そこに居る野良猫や外猫だろうが、長年一緒に暮らしてきた家猫だろうが、
    私達にとっては尊い命を持った愛する対象です。

    人間の情を年月で計算するなんて思慮のない軽薄な人間のすること。
    回答を読んで、さらに腹が立ちました。

    とことん懲らしめます!
    11月26日の公判の結果を待っていてください。

    イリマ&モアナママ | 2015年10月30日(金) 08:38 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲TOP

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://yasagure1214.blog136.fc2.com/tb.php/1478-07dc0917

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック

    ▲TOP

     | HOME |