FC2ブログ

    2015'09.16 (Wed)

    内容証明

    昨日、猟犬飼い主に下記の通り内容証明を送付しました。
    全て弁護士に任せ、対応待ちです。

    怖い思いをしたマナちゃんのことは、悔やんでも悔やみきれません。
    私たちの気が晴れる日は来るのでしょうか…。

    201509171757328e1.jpg





    内容証明 地名、氏名は伏せてあります


    神奈川県------------
    -------- 殿

    冠省 当職は,-----殿及び-----殿(以下「通知人ら」といいます。)より委任を受け,同人らを代理し,貴殿に対して次のとおりご通知申し上げます。

    1 事件の発生
      平成27年9月7日午前2時40分頃,神奈川県--------の通知人ら方敷地内において,通知人らの飼い猫(以下「被害猫」といいます。)が貴殿の飼い犬であるアイリッシュセッター(以下「加害犬」といいます。)に噛み殺されるという事件(以下「本件事件」といいます。)が発生いたしました。

    2 貴殿の責任
      本件事件において,加害犬を飼っている貴殿は,「動物の占有者」として,民法718条1項に基づき,通知人らに生じた下記損害を賠償する義務を負うことは明らかです。

    <損害>
    通知人らの損害(慰謝料)                     
    1 貴殿による加害犬の管理の悪質性
    本件事件の5日前である平成27年9月2日午前2時30分頃,加害犬が,貴殿方敷地内から脱走し,通知人ら敷地内庭に侵入するという事件が発生いたしました。
    このとき,通知人らが加害犬を取り押さえ,現場に駆けつけた警察官により,加害犬は貴殿のもとへ届けられ,貴殿は,現在の管理方法では加害犬が貴殿方敷地内から脱走してしまうことを十分に認識したといえます。
    それにもかかわらず,貴殿は,加害犬が貴殿方敷地内から脱走することがないような措置をとらず,そのことが原因で,本件事件が発生いたしました。
    このような貴殿の対応は,アイリッシュセッターという猟犬を飼うにあたり当然行うべき措置を怠ったものといえ,貴殿による加害犬の管理は極めて悪質なものであったといえます。

    2 本件事件の具体的内容
    本件事件当日の午前2時40分頃,けたたましい猫の悲鳴に気付いた通知人らが玄関に出ると,通知人ら方敷地内で加害犬が被害猫をくわえており,通知人らが電間に出た後数分間もの間加害犬は被害猫をくわえ続け,通知人らが加害犬の頭を叩いてやっと被害猫を離しました。
    被害猫は,口と鼻から出血し,腹部には加害犬の歯形がくっきりついており,数分後,病院に行く間もなく息を引き取りました。
    このように,通知人らは,これまで可愛がってきた被害猫を噛み殺される様を目撃したのであり,その精神的苦痛は計り知れないといえます。

    3 通知人らと被害猫との関係
    通知人らは,不幸な野良猫を増やさないために,約6年前から,野良猫に餌付けして,捕獲して,不妊治療をするといういわゆるTNR活動を行っております。
    通知人らは,瀕死の猫や弱っている子猫を発見しては保護しており,約2年前から被害猫も保護して,真鶴生まれに因んで「マナちゃん」と名付け,家族同然に可愛がってきました。
    家族同然に可愛がっていた被害猫を一瞬で失った通知人らの悲しみは計り知れないといえます。

    4 貴殿の本件事件後の対応
      本件事件後,貴殿から通知人らに対する真摯な謝罪もなく,貴殿が通知人らに述べた「犬や猫は物である」との発言は被害猫を失った通知人らの心の傷をえぐるようなものといえ,本件事件後の貴殿の対応により,通知人らは被害猫を失った悲しみのみだけではない二次的な精神的苦痛を味わうこととなりました。

    5 慰謝料額
      上記の貴殿による加害犬の管理の悪質性,本件事件の具体的内容,通知人らと被害猫との関係及び貴殿の本件事件後の対応に鑑みれば,本件による通知人らの精神的苦痛は計り知れないものであり,慰謝料としては,--万円は下らないといえます。
       
      そこで,通知人らは,貴殿に対し,上記金--万円をご請求させて頂きます。

      仮に貴殿より本通知書に対するご回答がいただけない場合には,誠に遺憾ではありますが,法的措置をとらせていただきますので,その点ご承知置きください。

      なお,本件につきましては,当職が,通知人らから全てを委任されておりますので,今後のご連絡等は当職宛にお願い申し上げます。

    平成27年9月14日

    〒105-0001
    東京都港区虎ノ門1丁目----番地
    --虎ノ門ビル4階
    ----綜合法律事務所


    電 話 03-----
    FAX 03-----
          ----殿及び----殿代理人弁護士     -----

    草  々
    スポンサーサイト



    20:26  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

    Comment

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲TOP

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://yasagure1214.blog136.fc2.com/tb.php/1429-30313c91

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック

    ▲TOP

     | HOME |