FC2ブログ

    2015'08.08 (Sat)

    悲しい出来事。。。

    アパート猫の1匹が姿を消しました・・・。
    その子は5月に怪我を負って、入退院を繰り返し
    1ヶ月間位自宅で保護していた子です。

    アパート猫の怪我

    元気に回復して元のコロニーリリースしましたが・・・
    アパート猫のリリース


    毎日朝夕に元気に姿を確認していましたが、姿を出さなくなってもう1週間・・・
    外猫が姿を消す理由は様々
         1 体調が悪くなって誰も来ない静かな場所でじっとしている
           自然治癒して戻ってくる子もいれば、力尽きる子も・・・

         2 交通事故、動物に襲われる

         3 連れ去られる     etc

    その子は、猫エイズに感染している高齢猫なので、
    年齢的に無症状キャリア期からエイズ発症期に入り、体調を崩したのかもと???

    普段は、アパート周辺でくつろいでいるのですが、
    暑いこの時期は、隣接している山の中にいることが多かった。
    主人と二人で木陰を探してみたけど見つからず・・・。

    もう1週間  この暑さでは体力も奪われ最悪です。
    心配で心配で 今でも餌やりの時に探していますが・・・。

    おととい、朝方にこんな夢を見たのです
         アパートに餌やりに行ったら 現れたのですが、
         思わず名前を叫んでも振り向いてくれず、
         彼女の姿は、金色の毛になっていて、
         すーっと山の中に消えてしまったのです・・・。

    この夢を見たときに、もう駄目なのかもと思いました・・・
    見つけてあげたいけど・・・


    スポンサーサイト



    01:01  |  外猫  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

    Comment

    この暑さの中 又病気を持っていた猫ちゃん心配ですね。
    どこかで餌を貰えていればいいのですが…

    知り合いの猫ちゃんは3年たって家に帰ってきたんですよ。
    痩せてはいたそうですが生命力にびっくりでした。

    きっと帰ってきてくれる事を祈りましょうね。
    sara | 2015年08月08日(土) 21:52 | URL | コメント編集

    saraさんへ

    おはようございます

    アパートには、私が餌やりをする以前からご飯をあげていた家族が住んでいて、ずっとその周辺が彼女たちのテリトリーだったので普通なら絶対離れることはないはずなんです。

    ただあの怪我の原因が分からず、もしかしたら又危険なことに遭遇したのかもと心配しています。

    それほど食欲が落ちていたわけではなく、忽然と現れなくなったのですよ。
    子猫ならカラスの被害もありますが、成猫は・・・
    その周辺には野生動物も多くて、タヌキ、猿、猛禽類がいるのです。
    寝そべっている猫は猛禽類にとっては格好のハンティング対象。


    でも、毎日会えることを願って餌やりに行ってます・・・。
    イリマ&モアナママ | 2015年08月09日(日) 09:01 | URL | コメント編集

    そうですか。。
    怖い野生動物が沢山いるところなんですね。
    でも1番怖いのは、きっと人間。
    そして優しく手を差し伸べてくれるのも人間ですね。

    どうか元気な姿で現れてくれますように。
    sara | 2015年08月09日(日) 20:33 | URL | コメント編集

    saraさんへ

    体調を崩してどこかで回復を待ってじっとしているとしたら、もうタイムリミットですねぇ・・・
    自然治癒した子は、だいたい10日間くらいで姿を出すので。

    不妊済のメスなので、どこかへ行ってしまう可能性はないし・・・
    最悪のことを考えています。

    いつも ご心配ありがとうございます<m(__)m>
    イリマ&モアナママ | 2015年08月09日(日) 20:46 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲TOP

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://yasagure1214.blog136.fc2.com/tb.php/1404-81f92280

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック

    ▲TOP

     | HOME |