FC2ブログ

    2015'08.02 (Sun)

    天国へ旅立ちました

    午後3時56分 息を引き取りました…

    寿命を全うして迎える猫の最期。
    下顎が下がって口で呼吸を始め、40分間くらい続きました。

    聴診器を心臓に当て鼓動を聞きます。
    最期は、鼓動が速くなったり、ゆっくりになったり…
    小刻みな痙攣を繰り返し呼吸は停止
    でも心臓は鼓動を続け、数分間後ゆっくり ゆっくりと停止

    今まで頑張った彼女を見送りながら いっぱい撫でてあげました。
    オシッコで汚れた体も洗い、やっと気持ち良くなったね…
    この極細な体で2週間以上も頑張りました。



    ドライヤーは怖いかな???
    タオルドライだけしておこうね

    天国への扉は、ゴチャコのお墓の隣
    二人が並んだお墓の上には、春になったら
    可愛いお花が咲くようにしましょうね。。。


    応援ありがとうございました。
    スポンサーサイト



    16:43  |  野良猫  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

    Comment

    てんかんのの子ですか?
    こんなに痩せていたんですね。
    大変なお世話だった事だと思いますが
    最後は暖かな温もりに触れきっと幸な時間を
    過ごせたと思います。

    天国ではてんかんのない体で好きな事をしてね。

    sara | 2015年08月02日(日) 22:20 | URL | コメント編集

    あの瀕死の状態で保護されたネコさんですね。
    誰にも看取られずに道端でひっそりと死ぬのではなく、
    大事に思ってくれたひとに見守られて息を引き取ることが出来て、
    きっとこの子も安らいだ気持ちで旅立てたことと思います。
    今は痛みも苦しみもなく、
    きれいな体で自由に過ごしていると願ってやみません。

    イリマ&モアナママさま、本当にお疲れさまでした。
    もんちゅちゅ | 2015年08月03日(月) 00:53 | URL | コメント編集

    saraさんへ

    こんにちは  ありがとうございます。


    てんかんも日を追うごとに増えて、10回の時もありました。
    加えて嘔吐時に苦しそうで見ていられませんでした。

    撫でながら 「何をして欲しい?」と聞くだけで・・・。
    最後にしてあげられることが安楽死の決断でした。

    でもそんな手間をかけまいと自分で逝ってしまいました・・・。

    幸せだったのでしょうか。。。


    イリマ&モアナママ | 2015年08月03日(月) 12:11 | URL | コメント編集

    もんちゅちゅさんへ

    こんにちは  ありがとうございます。


    餌場に来なくなった子たちの事が頭をよぎります。
    餌場に来なくなる理由のほとんどが病気で具合が悪なってしまったから。

    あの子も、あの子も。。。
    どこかで野垂れ死にしてしまったのかと思うと胸が熱くなります。

    こうして誰かに保護されて救われていることだけを祈っているのですが・・・。
    だから瀕死の状態の子は放っておけず保護するのです。

    お風呂にいれた時の体の細さに涙が出ました。
    綺麗になって天国に送り出してあげったから。。。
    イリマ&モアナママ | 2015年08月03日(月) 12:21 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲TOP

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://yasagure1214.blog136.fc2.com/tb.php/1399-950efbcc

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック

    ▲TOP

     | HOME |