FC2ブログ

    2015'07.31 (Fri)

    予後不良

    瀕死の状態で保護して2週間

    発作は、今朝からすでに7回 まだ増えるはず
    脳障害の症状なのか異常な食欲を見せるけど
    食べるのはほんの少量


    発作直後
    敷いてあるシートが丸まり、それを強く噛んで放心状態






    数分間は、こうして脱力状態

    20150731202138d9e.jpg



    確実に発作回数が増えてきた。
    飲ませ食べさせていることが延命ならば そうなのかも。。。


    この年齢までどうやって生きて来たのか?
    つい考えてしまう

    お腹を触ると授乳した後がある
    過酷な野良猫生活の中、何度出産し、
    何匹の仔猫達を育てて来たのだろうか?

    「大変だったね…」
    「頑張ったんだね…」
    「お母さんだったんだね…」
    「苦労したでしょう…」

    そんなことを思うと とても愛おしくなる。。。





    スポンサーサイト



    21:33  |  野良猫  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

    Comment

    どんなにきつぃ事でしょう。
    そんな体で赤ちゃんを産み育てていたんですか。
    凄いお母さんだったんですね。
    てんかんの子私も保護をしたことがありますが。
    病院通いをして注射をして貰ってましたが、効き目の
    程はわかりませんでした。
    大きな駅でさまよっていましたが、沢山の人が行きかう駅で
    誰もその子に寄り添う人はいなくて。。
    子供が上着を脱いでかかえましたよ。

    もう20年程まえの事でその猫ちゃんは天国にいます。

    その子も手がかかり大変だし、発作のときはお辛いでしょうが猫生を全うできればと思います。
    sara | 2015年08月01日(土) 21:26 | URL | コメント編集

    saraさんへ

    いつも 見守ってくださりありがとうございます。

    どんな子でも、見て見ぬ振りは出来ませんよね、
    だって、そこに尊い命が存在するのですから…。

    サビ柄なので「サビちゃん」と呼んでます。
    分かっているのか、返事をすることも(^^)
    確実に弱り、命の炎も弱々しいです。




    イリマ&モアナママ | 2015年08月01日(土) 23:03 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲TOP

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://yasagure1214.blog136.fc2.com/tb.php/1397-d46dec06

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック

    ▲TOP

     | HOME |