FC2ブログ

    2015'01.08 (Thu)

    老猫を看取る。。。3

     
       ゴチャ子は、今日午後4時07分に息を引き取りました・・・。
       眠るように 安やかな最後でした。
       


       今朝のゴチャ子
       呼吸はゆっくり、自分で体位を変え また深く呼吸をする
       心臓の鼓動は、ゆっくり






       午後4時05分  軽い痙攣を繰り返す
       その間、聴診器で心臓の鼓動を確認 
       下顎呼吸に変わる
       数回手足をすっぱり、呼吸は停止
       でも心臓は、かすかに弱くゆっくり鼓動を2分間位続けていた
       とても弱く消えそうな鼓動が停止 
       何度も給水を試みたけど、結局は一滴も飲むことなく・・・。

    20150108-2.jpg

       暖かい部屋でパパさんと私に撫でられながら天国に行きました。
      



       TNR活動を始めた頃からのお客さん
       どこからやって来たのか 日に2回食べに来てくれてました。   
       
    20150108-5.jpg
          写真左がゴチャ子
        

       20150108-3.jpg
           3歳頃かな・・・


    20140222-5_20150108181911b5c.jpg
           去年2月 (9~10歳頃)



        ご飯を食べに来ていた子が急に来なくなると、
        そのまま姿を消し、もう戻らないことがほとんど。
        病気なのか、事故なのか・・・

        だから外猫の看取りは諦めている。
        今回の場合は稀なこと、
        弱っていたゴチャ子が私たちの目の前に現れ、強制捕獲できたから。
       
        遺体は、ゴチャ子が日向ぼっこをしていた庭に埋めることにしました。
        全ての外猫たちの、看取りは出来ずとも、
        せめて遺体は見付けて葬ってあげられればと思っている・・・。

        
        長い間 ご飯を食べに来てくれてありがとう
        みんなが貴方のように頑張って生きて欲しい・・・。    




       
         
    スポンサーサイト



    18:58  |  外猫  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

    Comment

    おつらかったですね..。

    でも外猫の平均寿命を考えるととても長生きで、最後も暖かいお部屋で愛情に包まれて旅立つことができてゴチャ子ちゃんは幸せでしたね。
    いろいろ持病を抱えながら10才ほどまで生きたなんて、イリマ&モアナママさんとの出会いがなかったら叶えられなかったことですよね。
    それがわかっていたからこそ、最後姿をあらわしたんでしょうね。
    捕まったことがないから抵抗したけど、保護して貰って本当にほっとしたと思います。

    それから私事ですが、最後テルを病院に預けた後、がくっと食欲が落ちてしまいゴハンを一切食べずに旅立たせたことが心に引っ掛かっていたのですが、昨日のこちらの記事を読んで、食べない方が本犬は楽だったんだと思えて救われました。ありがとうございました。

    子猫ちゃんのお世話もあって大変かと思いますがどうか無理せずご自愛ください。
    T妻 | 2015年01月09日(金) 01:54 | URL | コメント編集

    T妻さんへ

    こんにちは

    今朝、庭に埋めてあげました。
    春になったら、土に返ったゴチャ子がきれいなお花になって姿を現してくれると思います・・・。

    最後までお世話が出来て良かった、強制捕獲は迷ったけれど正解でした。
    テル君も最後は脳内モルヒネのお陰で身体は楽になっていはず。

    せめて最後に大好きなご飯を・・・と、思いますよね
    わかります・・・。


    保護猫親子たちも、風邪の具合が良くなりました。
    まだ子猫たちは目の治療が必要ですが・・・。
    そのうち写真をアップしますね
    イリマ&モアナママ | 2015年01月09日(金) 12:19 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲TOP

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://yasagure1214.blog136.fc2.com/tb.php/1284-5a6bc197

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック

    ▲TOP

     | HOME |