FC2ブログ

    2014'04.09 (Wed)

    その後の荒れた某中学校。。。


      就任式を終え数日が経った長男から返信メールがきました。。。


      
        「悪あがきをしている生徒たちはどう?」と聞いたら

        
        「今は、ジャブをチクチク入れてる段階なので、時期に彼らに
         効いてくるでしょう・・・」 だって


      お~ 開始のゴングは鳴ったね  得意のジャブ入れかァ・・・。


      って、言うか。。。
      あなたも中学2年の時に 俗に言う「ボンタン」が着たいと言ったね
      それを着て修学旅行にも行ったっけ。。。

      父さんも母さんも反対しなかった
      中学生の年頃になると男子も女子も何と言うか色気が出始める
      「ボンタン」を着たいと言う気持ちがよく理解できた
      それを着ることでちょっと大人になった気分を味わったんじゃない。。。
      もちろん校則違反! 
      でも何が何でも縛り付けるのは逆効果
       
      掃除は全くせずサボってばかりで先生を困らせたと聞いた

      
      って、言うか。。。
      そのかなり上に行っていたのが父さんだよ
      高校の修学旅行は2度行ってる(意味分かるよね)
      最初の高校で1度
      次の高校で1度・・・

      ボンタンはわざわざオーダーで作り、髪はリーゼントでかまし、
      映画「クローズ」そのままだったらしい・・・

      女・子供・年配にはすごく優しい一応バリバリの硬派で、
      でも横浜や地元では他校の生徒と喧嘩三昧
      横浜の裏道をよく知っているのは、通報されお巡りさんに追いかけられたから。  
      
      湘南電車が禁煙になったのは、父さんたちが通学中たばこを吸っていたから。

      ある時は喧嘩でウィスキー瓶で殴られたこともあったと。
      痛そうだねェ~

      喧嘩の強い父さんでも、これはかなわないと思ったのが、
      相手が大学生でボクシング部
      唇がぱっくり切れて即病院で治療したんだって
      痛そうだねェ~

      喧嘩三昧のお陰で
      鼻の骨が折れたり、
      パンチを受けて歯が脱臼したり、抜けたり
      唇は切れたりくっついたり 傷跡がしこってる 
      痛そうだねェ~

      父さんの武勇伝は数え切れないほど
      
      それに比べると息子たちは・・・
      父さんの昔の友達が信じられないってさ、「トンビが鷹」だってさ


      ほんとだわ。。。
      まァ 母さんの力でしょうけど。。。
      
      

      


       
    スポンサーサイト



    06:00  |  息子達のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

    Comment

    ボンタン・・・懐かしい思い出です。。。

    初めまして。中高時代、ボンタン履いてた、アラフォー親父です。
    御子息様よりちょい上の世代だと思いますが、当時はボンタンがやたら流行ってました。
    中高生といえば格好つけたい年頃です。
    髪型はサイドバック。開襟シャツに金のネックレスをぶら下げ遊んでました。
    親を相当悩ませましたが、最終的には「何かあっても自分で責任を持ちなさい」といわれました。
    でも今となっては楽しい思い出です。
    くぼ | 2015年05月31日(日) 20:32 | URL | コメント編集

    くぼ 様

    初めまして

    お返事が大変遅くなり申し訳ありません。
    懐かしいですか。。。('-'*)

    私は校則違反に縁がなかった超真面目女子学生だったので、
    ボンタンは怖かった(笑)

    本当に若かりし頃が懐かしいですよね
     | 2015年06月06日(土) 23:01 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲TOP

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://yasagure1214.blog136.fc2.com/tb.php/1120-9e9cce87

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック

    ▲TOP

     | HOME |