FC2ブログ

    2013'09.02 (Mon)

    涙やけ

     
       学校の夏休みが終わりましたねェ。。。
       
       昨日は防災訓練で地元の中学校へ行ってきました。
       生徒たちのいなかった静まり返った教室が、
       今日からまた賑やかになります・・・。




       さてさて 今日のテーマは「涙やけ」

       モアナは写真の通り 涙やけで目の周りが茶色に変色しています。



       
       原因は「眼瞼内半」による「流涙症」と診断されています。
       目頭の瞼(まぶた)が少し内側に巻き込んでしまっているのです。
        
          下眼瞼の内反は涙液を受けることがうまくできなくなり、
          容易に溢れ出してしまう要因になる。
        
          特に瞬目(まばたき)した際に内半した部分に隙間ができて、
          そこから涙液がこぼれやすくなる。

         
       モアナの場合は手術をするほどではないとのことで 日々ケアをするだけ



           pet coolで もみ込むように拭く

           a900.jpg


          拭いた直後  1日数回
    a903.jpg

    a904.jpg

         ホウ酸を薄めた液で拭くのも効果があるらしいです



         お散歩仲間のデンちゃんママお薦めのサプリメント

    a899.jpg
         飲み初めて2日目
         効果をブログで紹介していきたいと思います




         涙やけに良いと聞いた「手羽先食」
         手羽先をレンジでチンしてバリバリ食べてます。
         食後に骨が2個残ってましたが、この後食べました・・・。

    a901.jpg

         鶏の骨は火を入れない方が良いとされてますが、
         大丈夫なんですって 
         実際、モアナもイリマもバリバリ食べて歯磨き効果も狙っています。


         今まで 涙やけに良いというフードを何種類か続けてきましたが、
         食い付きが悪くて食べたり食べなかったりで、中々効果が見られず・・・
         手羽先は好んで食べてくれるので 出だしは順調。。。
         
         改善されるといいなァ。。。




        
    スポンサーサイト



    05:00  |  モアナ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

    Comment

    こんにちはヽ(^0^)ノ
    まだまだ暑いですね!

    レオも涙やけがすごいので、家も色々試してみましたが、なかなか良くならず・・・今はやはり、PetCoolで拭くのが良いと聞き、毎日拭いています。

    サプリメント、効果があったらまた教えて下さい。
    鳥の骨、火を入れても大丈夫なんですね。
    家もやってみます。
    レオ母 | 2013年09月02日(月) 17:43 | URL | コメント編集

    レオ母さんへ

    こんにちは~

    今日も暑かったですねェ。。。

    レオ君も涙やけ対策しているんですね
    モアナは中々改善されず困ったもんですわ(-_-;)

    2%程度のホウ酸水で、変色した毛を毎日拭いてあげるのも良いらしいので試してみます。
    ホウ酸の脱色作用はおだやかで皮膚や毛に優しいとのこと。

    私が参考にした記事の抜粋です
    肉食を主体にした手作りの食餌を与えると、早い事例では10日ほどで改善の兆候が出る。普通はひと月ほどで完治する。人の食べ残しの魚もよい。
    知人の愛犬のチワワも涙やけだったが、愛犬のパナが鶏の手羽先を好んで食べていることを教えたら、3ヶ月ほどで完治した。


    と、まァ 色々と試してみますよ^^
    ご参考になればいいですが・・・
    イリマ&モアナママ | 2013年09月02日(月) 20:41 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲TOP

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://yasagure1214.blog136.fc2.com/tb.php/1025-da5f1cda

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック

    ▲TOP

     | HOME |