FC2ブログ

    2017'09.28 (Thu)

    ハナちゃん 診察日

    元気ですよ〜
    と、言いたいけど
    また口内炎で食欲ダウン…


    血液検査の結果は、下記の通り
    貧血、黄疸は横ばい
    肝臓は正常値でした。






    お口が痛くなると、途端に食べなくなり
    当然、ご飯と一緒のステロイドの投薬も出来ず、
    2日間ステロイドを飲んでくれませんでした。

    今日は、ステロイドの注射と2週間効果の抗生剤の注射を打ったので、
    今夜からは、痛みが取れれば食べるかな。。。


    今後の治療について、主治医とお話をしました。

    ハナちゃんの病気は、
    「自己免疫性溶血性貧血」
    詳しくは、ネットなどで調べられます。
    早く言えば、赤血球が異常に早く破壊されておこる貧血です。

    今のところ、副腎皮質ステロイドホルモン薬が治療中。
    手術で脾臓摘出も効果ありですが、全身麻酔はリスクが高いので不可能。

    症状は、だるさや黄疸とヘモグロビン尿(尿の中に大量のヘモグロビンが出た状態。尿が赤ワインのような色になります。)


    予後不良の病で、
    この病気になると余命は長くて1年の子が多いとのこと
    他の自己免疫疾患やリンパ腫などが発症した場合はさらに短くなるでしょう…

    抗生剤投薬で口内炎が治まらない場合は、痛みのある局所に、
    ステロイド剤の注射を打ちます。
    長期のステロイド投薬は、副作用で糖尿病にかかるリスクが高くなるでしょう
    でも、
    先のことを考えて、痛みを我慢させる事は考えていません。
    今は、とにかく痛みを取り除き、楽に生きて欲しい。

    主治医とも意見が一致し、
    お口が痛くなったら、痛みを取り除く注射をして行きましょうとのこと。
    ステロイド投薬も続行


    これで、
    ハナちゃんは、後どのくらい生きられるのか?

    半年くらいでしょう だって…

    野良猫として産まれ、野良猫として生きた7年間
    病気になって、7月26日から我が家の家猫になりました。




    スポンサーサイト



    21:02  |  ハナちゃん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
     | HOME |