FC2ブログ

    2017'03.20 (Mon)

    ハコちゃん入院中


    ハコが19日日曜日に入院しました。

    食欲がなくなり、2日間食べず、胃液を日に2回吐くようになり病院へ
    血液検査、超音波検査、レントゲン。。。
    口内炎の診察


    20170320155538c71.jpg

    結果は、
    白血球が少々上昇
    肝臓の数値がちょっと高く
    黄疸も出ていました…。
    口内炎は、食べられないほどのことではないと。

    エコーで診ると胆のうの辺りに脂肪が蓄積しているとのことです。
    黄疸が出ているということは、ちょっと心配です。
    肝リピドーシスの疑いありということで点滴治療開始となりました。


    「肝リピドーシスは、体の代謝に異常が生じ、中性脂肪が肝臓に蓄積してしまう病気です。
    猫の場合、実は生活習慣病よりももっと身近な原因で発生することがあります。
    それは「食欲不振」による肝リピドーシスです。」


    「猫の肝リピドーシスは、食欲がなくなり、
    食事をとらなくなるだけでも発症してしまうことがあります。
    通常、人間や犬は数日間の絶食状態が続いても、肝リピドーシスになることは滅多にありません。
    しかし猫の場合、24時間から48時間、つまりたった1〜2日の絶食状態になるだけで、
    肝リピドーシスの発症リスクを高めてしまうと言われています。

    また治療には、食欲不振を引き起こす原因疾患の治療のほかに、
    十分なタンパク質を含む栄養摂取が必要になり、
    場合によっては食道や胃チューブを設置することもあります。
    さらに、治療自体は長期に及ぶこともありますし、
    重度の場合は命を落とす危険もあります。」



    検索して読んでいると中々厄介な様子…

    午後ハコの様子を聞いたところ、
    状態は横ばいとか…
    まだ
    黄疸の数値が高いとのこと
    黄疸が出ていることは軽症ではない…

    治療も昨日午後からの開始だし
    回復するのを祈ります。

    去年6月に肝臓アミロイドーシスで亡くなったミカンの兄弟
    肝臓が弱い遺伝子持ちなのかしら…

    とにかく、
    悪化する前に治療が開始出来て良かったと思おう…。





    スポンサーサイト



    15:53  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
     | HOME |