FC2ブログ

    2012'02.18 (Sat)

    安楽死か延命か?

     
    私が毎日お邪魔するブログ ねりまねこ・地域猫


      先日の記事です 安楽死か延命か?

      2月7日にTNR活動をされているご夫婦が、
      眼球が飛び出た瀕死の猫を保護した経緯が綴られています。

      寒さの厳しい数日間路上にいて、見かけた人はたくさんいたそうですが・・・。



      この記事を読んでクーちゃんのことを思い出しました。

         生後1ヶ月位の時、瀕死の状態で保護し、
         夜中に大手術を受け助かりました。

         病院で治療中の生後2ヶ月のクーちゃん、
         3週間の入院ですっかり大きくなりました。

         200806301146000.jpg


      あれは、3年前  
      夜10時頃、内臓がほとんど体外に出た状態で保護しましたが、
      まず、瞬間助からないだろうと思いました。
      でも生きているから、もしかすると…と、
      確率の少ない期待を持って すぐ病院に行ったのです。

      頭の中は「安楽死」を覚悟してたのですが、
      診察の結果 先生は諦めず、手術をし救ってくれました。
      クーちゃんは障害は残りましたが、生命力の強い子です。

      1a2071.jpg


      このような子達、手厚く保護されて亡くなったとしても幸せです。
      殆ど多くは、野垂れ死にしてしまうのですから・・・。

      この眼球をなくしたあいちゃんにエールを送ります、

         いつまでも幸せに・・・
      





        
    スポンサーサイト



    05:00  |  TNR活動  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
     | HOME |