FC2ブログ

    2011'12.25 (Sun)

    愛しのペレ…

      ペレじいさんは力尽きました・・・





    1a1704.jpg

            見えなくなってからも、
        
            聞こえなくなってからも、

            食べる物も制限されても、

            繰り返す下痢や痛みにも、

           「生きる」ことを一生懸命やり遂げました。

            ペレは 頑張った!   


        最期は不快との戦いでした、これだけが悔いに残ります・・・。

        ペレにしてあげられることは全てしてあげたと思ってます、

        だから後悔はありません・・・。


        私は不思議と気丈です

        愛するものを看取る時は、高齢であることが心の整理をしやすくなる

        
        ペレはここ数年楽しいことが何もありませんでした。

        視覚、聴覚、味覚、臭覚も衰え、

        生きていることの楽しみが全くなくなりました。

        
        そしてこの数日間は眠ることもできなくなり、

        動き回ることで疲労していく体を見ているのが辛かった・・・。


        今朝異変に気付いたのが4時、見ると痙攣していました。

        それから2時間の間に数回の痙攣が続いた後、私の腕の中で永眠しました。

        あえて病院には連れて行かず、そっと家族の見守る中、

        命の炎が少しずつ消えていきました。


        ペレは私の苦しく辛かった人生を見て来た最後のワンコでした。

        今までのワンコの中でも虚弱体質のはずだったのに、

        病気ひとつせず、こんなに長生きしてくれた。

       
        最後のお風呂に入って、さっぱりと今も眠っているよう・・・
      
        19歳まであと105日でしたねェ・・・

        お誕生日を迎えたかった・・・

        ペレ、あなたの頑張りを決して忘れないよ

        いつまでも心の中で生き続けていますよ
       
        ボビー兄ィとノースに会えましたか?

        ママは何も心配していません、

        この二人が虹の橋まで連れて行ってくれるから・・・。


    1a1705.jpg


        15歳を過ぎた老犬は、神様からの贈り物

        今日はクリスマス、そーっと聖夜に神様にお返しします・・・。


        ありがとう・・・      


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    ペレを心から応援してくださり、励ましてくださった皆様

    本当にありがとうございました。

    ペレも沢山の方々に応援されて幸せな子でした。

    4月で19歳を迎え「長寿大学」に入学するのが夢でしたが

    叶わなかったのが悔しいです・・・。

    18年間以上も共にしてきた子を失うのは非常に辛いですが、

    ペレが楽になったことを思うと「ほっと」しています。


    明後日 午前10時 荼毘に付します。






        


    追記  小田原の散トレの皆さん、お散歩はお休みになります。
        次回を楽しみしていますね。    


    スポンサーサイト



    13:36  |  ペレじいさん  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  ↑Top
     | HOME |  NEXT