FC2ブログ

    2011'08.10 (Wed)

    何故犬を飼うの?

    連日の外出 

    先週の日曜日はずっと楽しみにしていた「座学」に参加してきました。

    今回で3回目テーマは「吠え」、今回が初参加でした。


          テキストは8月に発売されたこちらです

            1aa77.jpg

     http://charlie1210.blog113.fc2.com/
     愛犬と楽しく暮らして行きたいと思っていらっしゃる飼い主さんたちは必見です



    「何故犬を飼うの?」との問いに何と答える?

    20年前の私は、漠然と「犬が好きだから」「可愛いから」という気持ちだけだったような・・・。
    その気持ちだけでは犬は飼えないと、飼ってみて分かることが多々あった。

    こんなはずじゃなかったとショックを受ける飼い主も多いのでは・・・?
    色々な意味で動物を迎え入れる場合は、心の準備が必要かと思う。

    手抜きをすれば、そこまで・・・
    愛情を掛ければ、それ以上・・・
    人間の子育てと同じですね。

    急スピードで成長し、気付けばもう3歳、7歳、10歳・・・
    寿命の何分の1かなんて「あっ」と言う間に過ぎる。

    しばらくすると成長過程で悩ます問題行動がチラホラ見え出す。(人間と全く同じ)
    こうなると不思議と人は、他の犬(子供)と比べだすのね
     「あの子はあんなに大人しいのに、どうしてうちの子はこんなにうるさいの」
     「あの子に比べたら、うちの子はまだましだわ」とか・・・
      妙な所で安心感を感じちゃったりして、経験ないですか~?

    犬も人も比べられるものじゃない、
    良くも悪くもその個性を認めて向き合えば、悩む飼い主は救われるはず・・・。




    モアナの場合

    1aa73.jpg

     もう1歳8ヶ月になった、早いなァ・・・
     モアナにとって幸か不幸か、大家族の中で暮らしている。
     子猫たちと同居が始まった当初は、モアナは昼寝が出来なかった、
     脳からのアドレナリンが溢れ、興奮状態が止まずだったから・・・。

     思春期でバラバラになった脳の回線が1本づつ繋げられるようになった矢先の子猫騒動
     でも自力で繋げた回線は強い!
     再び切れても、繋げ方を覚えると又再生できる、犬は本当に利口だね。

     「吠え」も吠え方が変化してきた
     目を三角にして頭のてっぺんからギャンギャン吠えていた頃に比べると、
     考えて吠えているのが分かる。
     2,3回吠えて「このへんで止めておこうか」なんて顔で私を見る。

     飼い主の私が何を教えたわけではない、
     名前を呼んで「おやつ」、褒めて喜ぶことをし続けただけ、
     「強制」も「叱り」も一切不要、
     名前を呼んで「おやつ」で、変わるのかって?
     変わるから不思議  これチャーリーママのマジックですよ^^。
     試してみたい方は是非本を開いて見てください。

     チャーママさんの教え「成長を待つ」「伸び代を信じる」
     モアナの為にあるような言葉です
     もちろん待ってます、信じています
     その心にプラス何よりも不可欠なのが「愛情」ですね
     これは犬の栄養ドリンクでしょう ゴクゴクと飲ませてあげたい

     
    イリマの場合

    1aa74.jpg
     
     人間社会を全く知らずに大人になった6歳の女の子
     保護され、我が家に迎え入れて1年4ヵ月 早いねェ

     じっと物陰にいて出て来れなかった子が今一番「うるさい子」に変身した
     愛情の栄養ドリンクの効果は抜群!

     自分を出せることで解放感を得られれば、まず一歩の進歩。
     イリマは、あ~見えても、家の周りに来るワンコに吠えまくります。
     そばに走りよって吠え吠え攻撃に出ます^^。
     笑っちゃいけないけど、笑えます
     
     あと、吠える時がご飯、これが最大ボリュームアップ
      朝一番「早く めし! めし! めし!をくれ~~~」
     イリマ姉さんの迫力に猫一同が上に上り見物し、
     息子たちも吠え声で目が覚めるほど

     朝のご飯担当はパパさん
     外猫と家猫とイリマのご飯を用意し始めると吠えだす 
     今でもパパさんはあえてイリマの激吠えを止めない
     「イリマはご飯が欲しいと言えるようになったんだから」と・・・。
     
     でも初めに比べると、イリマは途中私の顔を見るようになった、
     「はいはい、もう少し待ってね」と言うと、
     そう、「マテ」の意味も理解できるようになったの     
     
     イリマの好きな言葉は「いい子~」
     この言葉は激吠えさえ遮断できる
     褒められた心地よさは頭の奥まで浸透し回線を刺激するらしい

     個性を認め、否定せず褒めることから始めた取り組の成果です。
     これからのモアナとイリマ、性格も正反対のふたりの成長が楽しみです。
     伸び代はたっぷり!



     
    さて「何故犬を飼うの?」と聞かれたら、
     
    犬飼20年間で私は「犬を飼う醍醐味」を味わせてもらったからでしょうか・・・  
     
      http://yasagure1214.blog136.fc2.com/blog-entry-245.html




    スポンサーサイト



    06:00  |  イリマとモアナ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top
     | HOME |