FC2ブログ

    2011'05.16 (Mon)

    チャーリーママ 小田原組

       今日からピッカピカの2年生 


    去年の5月15日、チャーリーママの生徒になりました。
    早いなァ~ もう1年が経ったなんて・・・
    チャーママさん、お仲間の皆さん&ワンコたち、色々助けてくれてありがとう!


    パピーの頃から「やさぐれ」の本領を発揮し、
    「しつけ」の3文字が私の頭をよぎったあの日。

    以前入会したことのある某トレーニングスクールに生後4ヶ月で入会し、
    やる気満々で通うも、本人のモアナには合わず(理由は伏せておきます)退会し、
    あれこれと探していたところ、何箇所かを経由してたどり着いたのが
    チャーママさんの「私は社会化のドッグトレーナー」でした。

    社会化馴致の必要性と取り組み方の重要性を正直初めて理解しました。
    社会化不足から来るモアナの心が痛々しいものであるならば、
    成長過程に合わせて、荒れた精神を解き放すための手助けを
    怠ってはならないと思い、今日まで出来ることをやって来ました。

    今のモアナには型にハマった「しつけ」ではなく「手助け」が必要だと思ってます。
    そうそう、社会を知らないイリマにも「手助け」が必要ですね。

    イリマは未知の人間社会に一歩を踏み入れてから1年、
    自分なりに頑張ってくれてます。

    まだまだトイレを失敗することも、でもそれが何か? そんなにいけないこと? 

    頑張っているイリマが失敗するとパパはよく言うの、
    「犬なんだか本当は好きな所でしたいんだよ、それをされると困るのは人間だろう?
    だから何でもかんでも上から目線になるんだよ。 
    勝手な人間に合わせないと困られるんだから犬は可哀想なもんだなァ。
    人間が同じことをされてみろ、皆キレるか逃げ出すぞー」
    と、ワンコになったかのように嘆く。分かる、分かるよ

    そしてシートの端っこに少しでも(ほとんど外れてるけど)オシッコが出来ると、
    「イリマはすごいなァ~ いい子だなァ~ 頑張ったぞ~」
    と、髭面をスリスリご褒美 イリマはいらないって

    パパは生き物に対して「支配」とか「上から目線」こうしたものが大嫌いなの。
    ただ『「一緒に生きよう」で十分じゃないかと思う。by ムツゴロウさん


    おっと、この仔たちとも「一緒に生きよう」
    簡単な成長記録を綴っていきます。
    15v5.jpg
    昨夜の正確な体重は大ちゃんが199g  小ちゃんが80g
    オシッコはしているけれど、ウンチはまだです。
    では、また明日に・・・




    スポンサーサイト



    06:22  |  イリマとモアナ  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  ↑Top
     | HOME |