FC2ブログ

    2011'05.13 (Fri)

    クソクラエ by ムツゴロウさん

    「ムツゴロウ動物王国のブログ」にあるムツゴロウさんのコメント内に
    時折飛び出す語録「アホカ」「クソクラエ」結構好きです。



     下記の抜粋の中にも

       そもそもですね、
       「犬はこんなものだ」
       「こういう犬が理想的だ」
       そういうイメージを持っていませんか?

       「私の犬はこう育てたい」
       そんな意欲もお持ちですね。

       犬は生きてます。
       どんどん育ち、どんどん変化していきます。
       それを知識で、どうしよう、こうしよう、などど考えず
       どうして、あるがままを受入れられないのでしょう。

       「一緒に生きようね」

       それで十分ではないでしょうか。

       愛にとって有害なのは、比較です。
       自分の子だとしたら、
       「よその子はこんなにもいろいろ」と
       比べないことです。
       理想の形なんでクソクラエです。
       今、目の前にいる、自分を信じてくれている
       温かい血が流れているものの方が
       理想の百万倍の豊かさを持っています。


                       by 畑 正憲





          15n9.jpg
             
          モアナ 1歳5ヶ月 思春期真っ盛り


      「やさぐれ」「勘違い野郎」「チンピラ」「荒くれ野郎」・・・
      すべてモアナのニックネームです。

      「いっちょやったるかい、かかって来いやーーー!」と、
      相手構わず、我を忘れ喧嘩を売りに吠え突っかかる。
        
      本当は怖くてたまらないのに、攻撃的行動に出てしまう。
      成長過程でまだ脳が未熟なために。
         
      今の課題はフラストレーションを上手く発散させ、セロトニンを分泌させて、
      脳を安定させてあげること。 ドロドロと湧き出るマグマの噴出です。

      最近は落ち着きも出て来たけれど、イライラスイッチが入れば唸り吠えは健在。
      気に入らないとムキムキ顔でガウガウと手を甘噛みする。
      小さい頃から手で甘噛み遊びをしていた効果か、抑制が効いているので痛くない。
      でも傍で見ている人は怖いと思うだろうなぁ・・・。
      成長し変化して行く過程は、心と体がバラバラで可哀想なくらい痛々しい・・・。

      これが今のモアナのあるがままの姿(半人前なのに生意気なのが可愛いいけど)
      でも無条件で愛されているという安心感がすべてを乗り越えられると信じている。
         
      まあまあ、人の子と同じでこういう時期は焦ってもしょうがない。
      ムツゴロウさんの「一緒に生きようね」で十分だと思えるようになるには
      一山も二山も乗り越えなければならないのだろうけど・・・。
      その時に助けになるのが無条件で愛されている安心感と信頼感ではないかと思う。 

      あるがままを受け入れるために、  
      無条件の愛とは何かをもう一度考えてみたいと思います。



      明日は横浜お散歩トレーニングに参加します。
      初見のワンコさんたち、よろしくね   




     

    スポンサーサイト



    06:00  |  ワンコ&ニャンコ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top
     | HOME |